<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
MIRAX TOT
ンでるひとも
ンとすまして
ット感覚

こいつはゆかいな ちっちゃなカメラ トットちゃん

TOT

TOT

TOT

ものすごーく小さなカメラで、手のひらにすっぽり収まるサイズ。
ファインダーがないので、プラスチックのフレームを使うようになってる。
110フィルムを使用。

*続きは追記で*
| comments(0) | - | カメラ |
PEN F の撮影枚数
24枚撮りのフィルムを使えば48枚撮れるハーフカメラ。

1コマに2枚の写真が縦に並ぶ。
ということは、2回巻き上げてフィルムが通常の半分だけ送られると思っていた。
だからPENで2枚撮って初めてカウンターが1進むのだとばっかり。

出来上がったのはきっかり24枚。
まさかとは思ったけど、1枚撮ったら普通に1カウントのようです。

それから底蓋のネジ。何とか解決しそう。
| comments(0) | - | カメラ |
LOMOのストラップを少し改良
フィルムを交換した時に気付いたんだけど、ストラップとカメラが接する面に革が貼られてなかった。

ということで、早速直してもらった。
薄い革を一枚足したから、今度はカメラに傷が付く心配がなくて安心して持ち運べる。
そこまで神経質にならなくてもと思う人もいるでしょうが、そんなことはない。
新品はなかなか手に入らないし、オークションは嫌だし…。

ま、これでかわいくて使い勝手もいいストラップになりましたとさ。

写真は気が向いたらのせようかな。
| comments(0) | - | カメラ |
LOMOのストラップ
転校してから体重がずーっと減り続けてる。
大丈夫なんだろうか。
と、私が言いたかったのはそんなことじゃなくですね、
待ちにまったLOMOのストラップが完成したの!

革は私が手芸屋さんで買って持ち込んだもの。
最初は自分で作ろうと思ってたから。
でも部品とか道具を揃えて失敗したら困るなぁと思ったんだよね。
それに金具が見つからなくて、革専門のお店じゃないとなかなかないって言われたこともあって、タイコヤさんに作ってもらうことにした。

ストラップからカメラが落下しないようにしてもらったし、簡単に着脱出来るから使いやすい。
あとは接写レンズがつけられるかどうか。
使ってみて問題があれば無料で直してくれるみたい。

前
真ん中には少し丸くカットしてもらった。
というのも、レンズにもしかかってると写真に写っちゃうでしょ。
それだと困るから少し余裕をもって切ってある。

前2
一番上の2つで取り外すようになってる。
ボタンがよかったんだけど、ひもが細すぎてダメだった。
でもこれだと外れにくいから、逆にこっちでよかったと思う。

後ろ
横
下
上
| comments(0) | - | カメラ |
フィルム
先日現像に出したフィルムを受け取りに行った。
そうしたら店員さんと店長が困った顔をしてて、何だろうと思ってたら「こちらの手違いでフィルム、出してなかったんですよ。なので代金はよろしいですので、スピード現像をさせていただくということでいいですか?」と店長に言われた。
ということは、4日間フィルムを放置してたっていうことになる。
4日間も待っただけにすごくショックだった。
でも仕方ないから、「わかりました」と言って帰ってきた。
明日また行かないとなぁ。
| comments(0) | - | カメラ |
フィルム
今はデジカメがかなり普及したから、撮り直しのできないフィルムは人気がないのかなぁと考えてたりする。
フィルム特有の雰囲気があるんだけど、あとから加工すれば何とでもなる!と言われたらそれまで…。だって家のパソコンにソフトが入ってるし、何度か使ってるから。
でも、やっぱりフィルムがいい。
わざわざ加工した写真と自分で撮った写真では思い入れが違うし、1枚撮って巻くっていうのも楽しいもん。

最近の動きとして、ニコンではフィルムカメラ、AGFAのフィルム事業、コニカミノルタと、みんな撤退してる。
AGFAはAGFAPhotoでフィルムは販売し続けるみたいだからよしとしても、ダイソーのフィルムが消えると思うと、一体どうなってるの?と思う。
そう思うくらいデジカメ使用者が増加してるんだろうけど、なんかなぁ。
| comments(0) | - | カメラ |
カメラ
数日前、「何でそんなにトイカメラが良いの?」と聞かれた。
デジカメの性能の方が圧倒的に優ってるし、「記録」という意味ではいいと思う。
ただ、あまりにも鮮明過ぎる。

最近、人って残酷な生き方をするなぁと思うようになったのね。
どんなに悲しくて辛い出来事もあっけらかんと忘れちゃって、気付けば都合の良いように生きてる。
それは私も同じ。
だからこそ、写真に残したいと思った。
トイカメラは大抵プラスチックレンズで、昔の写真みたいな独特の雰囲気がある。これなら忘れないかなぁと。

ある意味ずるいかもしれないけど、形に残したいっていう思いがある。
忘れられるのは怖くないけど、忘れてしまうのは怖い。

人は記憶で生きてるようなものだから。
| comments(0) | - | カメラ |
LOMO LC-A
届きました!
待ちに待ったLOMO LC-A。

lomo1
小さいこじんまりとした箱。
開けると、
lomo2
このプチプチのがこれでもかっていうくらい入ってて、
lomo3
こんな風に手書きの手紙が入ってた。

その手紙の下には、
lomo4
やっとカメラが入ってるであろう箱が見えてくる。
下の写真を見てもわかる通り、AGFAのフィルム Vista100 27枚取りが1本付いてきた。
lomo5
箱はいかにも海外。
lomo6
やっと出てきた、lomoの箱!
lomo7

ここまで長々と箱の話をしたので、ここからはカメラの写真を載せます。

lomo8
lomo9
lomo10
lomo11
lomo12
私が買ったのはブラックロモではないから、当然ロモ蔵がついてる。
詳しくは>ここをクリック
| comments(0) | - | カメラ |
スメ8 写真
一昨日現像した。現像はあと1ヶ月以上先になると書きながら、もうやっちゃった。理由は、私が途中でカバーを開けてフィルムに光を当てたから。これはもうまずいと思って、「いいや。何も映ってなかったとしても最後まで撮っちゃおう。」という私にしてはすごく楽天的に考えた。

そしたらね、数枚映ってたの!
それで今日までじーっと写真と睨めっこして、写真ていいなぁって再確認した。まだまだだけど、一応載せておきます。
写真1
| - | - | カメラ |
スメ8
スメ8を使ってみての感想。シャッターを押す時にチャージレバーに指が当たりやすい。マニュアルに惹かれてスメ8を買ったけど、フルマニュアルは予想以上に大変。チャージレバーの次は巻き上げて…とか何とか考えてるとピントを合わせるのを忘れたり、シャッターを最後まで押してないために巻き上げられなくて慌てたりした。
あまりにもシャッターが重くて、これじゃブレたりするんじゃないかと思う。まぁ現像しないと何とも言えないけど、取り敢えず地道に撮り続けるしかないなぁ。逆光に弱いみたいだから時間が出来たらフードを作って、ケースを作ったりとやる事が沢山。シャッターは軽く出来るみたいだから試してみようかなと考え中。

マニュアルのカメラは初めてだから、どうなっても大丈夫であろうダイソーのフィルム(Kodak GOLD200)で撮った。24枚撮り。
フィルム
| - | - | カメラ |
| 1/1PAGES |