<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 4/7 | main | 4/29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
4/16

予備校帰りに、後ろで バタン! という大きな音がしたので振り返ってみると
小学生が自転車で転んでしまったようで、立てずにいたのですぐに走ってかけよった。

打ったところ・痛いところを確認。
手も見ようと思って触ったらすっごく冷たかった。

こんな日に手袋もしないで自転車を走らせたら、手だってこわばって思うように動くわけがない。
しばらく温めて、ティッシュで涙をふかせたら落ち着いてきたようで。
家には誰もいないけど帰れると言うので見送りました。
もちろん、帰ったら氷で冷やすように言っておいたけど、冷やしたのかな。少し不安。
親に怪我のことを教えたのかなって思うともっと不安。
我慢する子で、なるべく一人で何とかしようって考えているようだった。

骨折はしてないだろうけど、あれは腫れるだろうなぁ。

近くにいた人はただ見てるだけ。
近寄ってきたおじさんは、私が泣かせたと勘違いして怖い顔で「どうしたの???」と言い、
最後には「すぐ治る!」と笑顔で立ち去った。

かける言葉が違うよなぁと思ったものの、関心を寄せるだけマシなのかな。

なんにもしないで見てるのは簡単だけど、あの子は動転して呼吸も乱れてた。
しかも自力で立てないのは一目瞭然。
もっと人に関心を持ってもいいのでは・・・と思った一日なのでした。

| comments(0) | - | 今日の出来事 |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。